MENU

上書き上手

本から気づいたことをお話しさせてください。

最近読んだ『「人見知り」として生きていくと決めたら読む本』に、

「上書き力」という言葉が載っていました。

章の内容的には、学んだことを上書きしていって自身を成長させましょう

みたいな意味で書かれていましたが、

私は、以前記事に書いた、「考えがコロコロ変わる」という

自分の嫌いなところにこの言葉が結びつきました。

(良ければ覗いてみてくださいね。)

考えが昨日と今日で変わる自分が嫌い「でした」。

この「上書き力」という言葉を見つけて、

「考え方の上書きをしている」という捉え方が出来るのかなと感じました。

そういう捉え方にすれば、案外悪いものでもないのかもと、心が少し軽くなりました。

むしろ、「上書き上手」なのかもしれません。

すごい、こんな私にも得意なことがあったのか(という錯覚)。

考え方が変わるということは、1つの考えに縛られず、

考え方の新しい視点を得ることが出来たり、改善・改良もできているのかもしれません。

(もちろん、方向性が間違ってしまっては元も子もありませんが、、、)

読書ってこういう、言葉一つで新しい考え方を得ることができるので楽しいですね。

ぜひシェアしてください!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

もくじ