間と間が動きをつなぐ

おはようございます。

みなさんは、「間(ま)」を意識していますか?

私は、つくるように意識していますが間を設けることを実行はできていません。

特に難しいのが「会話の間」です。

適度な間は、相手に安心感を与えると思います。

が、私は間を置かず即座に返事をしてしまいます。

頭の中にある伝えたい事をすべて言葉にするので

回りくどく、焦った印象を与え、

そして、結局何を言いたいのかわからないと言われます。(過去に指摘されました)

「間(ま)」は「空間」という意味をさしているそうです。

会話に程よい空間が存在することで、心地よくなる ということでしょうか。

「間抜け」という言葉は、「間が抜ける」こと。

日本の芸能では

間の取り方が的確     =間が合う、間が良い
間の取り方が的確でない  =間が合わない、間が悪い
間の取り方が全く的確でない=間が違う、間が抜ける

というそうです。

会話の間(ま)は、上手く取れませんが、

空間の間(ま)を作るのは得意です。

物はかなり少なくて、

引っ越しをする場合だと、段ボール一箱に個人の物は収まる程度です。

物の管理だけは、自分の得意といえるところです。

人との距離感、会話のテンポ、物などなど、、、。

「適度な間」って難しいですね。

ぜひシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
もくじ